エネルギーバンク株式会社

千葉県で太陽光発電・蓄電池などの受託設備設置・施工ならエネルギーバンク株式会社

太陽光発電のご説明

太陽光発電

太陽光は「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方法です。

現在、日本は、石油や石炭などのエネルギー資源がほとんどを諸外国からの輸入に頼っていますが、
こうした化石燃料は使い続ければいずれなくなってしまうもの。
太陽の光という無尽蔵のエネルギーを活用する太陽光発電は年々深刻化するエネルギー資源問題の有力な解決策の一つです。
また、クリーンであることも大きな特徴。

発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)も発電時にまったく排出しません。
エネルギー源の確保が簡単で、地球にもやさしい太陽光発電。
日本は、世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国であり、その導入量のさらなる増加が期待されています。

環境にも貢献できます

太陽光発電システムを設置することにより、火力発電所から排出されるCO2の削減と、そこで消費される原油量の節約が可能となります。
 
例えば、10kWの太陽光発電システムを設置した場合、全国平均で年間約10,000kWhの発電量が期待できます。
これは原油消費削減量としては年間約2,270リットル、CO2排出削減量としては年間5.04t-CO2となります。

太陽光発電のメリット

①クリーンで枯渇しない

太陽光発電の最大のメリットはエネルギー源が無尽蔵でクリーンである点です。
石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように、発電時にCO2などの大気汚染物質を発生させることがありません。

②設置場所を選ばない

導入するシステムの規模に関係なく発電効率が一定のため、一般家庭から大規模施設まで設置することができます。
騒音や排出物もないので、日射量さえ確保できれば、設置場所を選びません。
屋根や屋上などへの設置のほか、近年ではビルの壁に設置するケースも増えています。

③メンテナンスが簡単

太陽光発電システムは構造的にシンプルであるため、ほかの発電システムに比べメンテナンスも簡単です。
システムの寿命も比較的長く、現在、太陽光発電に用いられる太陽電池の耐用年数は、20年以上とされています(設置場所などの諸条件によって変わります)。 

太陽光発電のデメリット

①メンテナンス費用

太陽光パネル、パワーコンディショナー、配線などメンテナンスが必要になる場合があります。 メーカー保証や設備設置企業が設ける工事保障も内容や保証期間が異なりますが、期間内であれば故障時に保証を受けられる場合がございます。

②蓄電が出来ない

太陽光パネルは太陽光エネルギーで電気を作ることができますが、 作った電気を蓄電することができません。
蓄電池を設置することで、太陽光発電が発電を行えない朝や夕方、 夜といった時間帯に蓄電池に貯めた電気を使用し、 電力会社から電気を購入する量を減らすことが可能ですが費用がかかります。

③発電量は日射量に左右される

太陽光発電の発電量は、天候に左右されます。 太陽の日射がない曇りの日や雨の日は発電量が下がります。
天候が悪く発電量が下がった場合は、電力会社から電気を購入する必要性が生じます。